投稿日:2023年6月11日

土木作業員が使用する道具4選

こんにちは!有限会社塚田埋設工事です。
当社は茨城県を本拠地とし、土木工事やさく井工事などを手掛ける企業です。
今回は、土木作業員が使用する道具を4つ厳選して紹介します。
「土木作業員って、どんな道具を使っているの?」
関心のある方は、ぜひこちらを参照してください!

腰袋


腰道具とよばれるものを入れるための、本体の袋です。
土木作業員は重い道具をぶら下げて使うため、耐久性のあるものを選びます。
形状は前面に3段ポケットがあり、横に小さいポケットが付いているタイプが多いです。
ベルトが付属しているものと付属していないものがあるので、注意して選びましょう。

安全帯・墜落制止用器具

安全帯・墜落制止用器具は、高所で作業する土木作業員を転落から守ってくれる道具です。
従来「安全帯」とよばれていたものは、現在「墜落制止用器具」と名称を改めています。
安全性の確保のため、認定される安全帯のタイプも変更となり、原則として「フルハーネス型」を使用することになりました。
現場によっては、高所作業しない人でも着用必須な場合があるため、常につけている人も見かけます。

ラチェットレンチ

ラチェットレンチは、ボルトやナットを連続して回すことができる道具です。
ソケットとハンドルが一体となっているおり、高所作業時でもソケットを落とす危険がないため安心して使えます。

番線カッター

番線カッターは、番線を切るための道具です。
番線とは、工事現場で足場の結束などに使われる鉄線のことをいいます。
鉄線には太さによって番号があるため、現場では番線とよばれるようになりました。
足場の結束以外にも、看板を縛ったり、材料や道具を縛ったりと出番の多い道具です。
サビに強いステンレス製が人気となっています。

有限会社塚田埋設工事は求人募集中です!


有限会社塚田埋設工事では、新しい仲間を求めています。
あなたの力を私達に貸してくれませんか。
未経験からでも会社が丁寧に、専門技術を身につけるためのサポートをいたします。
多彩な現場で土木作業員としての経験を積むことができるため、スキルアップも可能です。
高い技能を持った仲間達に相談しながら、仕事のプロをめざしていきましょう。
お問い合わせは、お電話またはお問い合わせフォームから対応しております。
ご応募はご応募フォームをぜひご利用くださいませ。

有限会社塚田埋設工事
〒315-0156 茨城県石岡市吉生1448
電話:0299-44-0140 FAX:0299-44-1219


関連記事

施工事例2

施工事例2

弊社の重機をご紹介!

弊社の重機をご紹介!

弊社の重機をご紹介! ここまで弊社の重機をご紹介しました。 お問い合わせは今すぐ弊社まで! 土木工事 …

年末年始休業のお知らせ

年末年始休業のお知らせ

年末年始休業のお知らせ 平素は格別のご高配を賜り、深く御礼申し上げます。2021年も残すところあとわ …