投稿日:2022年12月21日

気になる!さく井工事はどのような流れで行われるのか

こんにちは!茨城県石岡市に事務所を置き、小美玉市・鉾田市・かすみがうら市で土木工事を手掛けている有限会社塚田埋設工事です。
皆さんは、さく井工事という工事を聞いたことがあるでしょうか。
さく井工事とは、井戸をつくる工事のことですが、今回は井戸を作るさく井工事がどのような流れで行われているのか、簡潔にまとめましたのでぜひご覧ください。

現地調査・仮設作業

地面を掘る作業員
さく井工事はまず、現場で井戸の掘削工事が行えるかどうかを判断するために、スペースと地質について調査をするところから始まります。
さく井工事を行うためには作業に必要な掘削機が入る広さを確保することが大切です。
工事を行えるスペース確保ができたら、地質に合わせて工法も決めます。
現地調査が終わると、必要に応じて敷き鉄板や防音壁などの周辺機材の仮設を行っていきます。

掘削・設備工事

仮設までの準備ができたら、井戸を掘る目的の深度まで掘削作業を行っていきます。
掘削方法は主に3つあり、ロータリー工法とパーカッション工法、エアハンマー工法とそれぞれ呼ばれています。
地質や井戸の深さに合わせて、適した工法を選んで掘削工事を進めていくのがポイントです。
掘削が終わると、電気検層などの工程などを経て、水を上げるための設備工事を行います。

内部清掃・水質検査

井戸の内部を清掃することも、とても大切な工程です。
清水置換やスワビング、ベーリング、エアリフトなどさまざまな作業を組み合わせながら、井戸の内部をきれいにしていきます。
この時にも、掘削の工法の違いによって清掃内容が異なるため、それぞれに適した清掃を行うことが大切です。
最後に、揚水試験をして水質検査を行います。
帯水層の特性や井戸の能力を調べたり、本設ポンプを何にするか選んで決めたりすることが目的であり、水道法や食品衛生法に関する項目の検査を実施していくのです。

【求人】塚田埋設工事では新規スタッフを募集中

リクルート
弊社では、土木作業員や現場監督として土木工事を行う新規スタッフをそれぞれ募集しています。
現場監督に関しては、施工管理技士の資格をお持ちであれば、現場経験は問いません。
土木工事に興味があり土木職人を目指している方や、既に保持している資格を生かして働きたい方など、弊社では前向きに頑張る皆様を応援いたします!
土木工事は地域に貢献できる、とてもやりがいのある仕事です。
ぜひご応募ください。
最後までご覧いただき誠にありがとうございました。

有限会社塚田埋設工事
〒315-0156 茨城県石岡市吉生1448
電話:0299-44-0140 FAX:0299-44-1219


関連記事

数ある業者の中で、弊社が選ばれる理由とは?

数ある業者の中で、弊社が選ばれる理由とは…

茨城県石岡市の土木工事業者『有限会社塚田埋設工事』では、さく井工事のご依頼を積極的に受け付け中です。 …

施工事例3

施工事例3

【ご報告】増トン回送車制作中

【ご報告】増トン回送車制作中

過積載防止の為、増トン車制作中 いすゞフォワード8t …