投稿日:2023年11月9日

水道管工事を検討中の方必見!水道管の劣化を放置する危険性

こんにちは!
茨城県石岡市に拠点を構え、水道管工事とそれに伴う舗装工事などの土木工事を承っている有限会社塚田埋設工事です。
水道管工事には相応の費用が必要になるため、施工を検討している方の中にはついつい施工を後回しにしている方がいらっしゃるかもしれません。
しかし、水道管は日々劣化が進むため、放置していると大きな問題に発展する可能性があるのです。
そこで今回は、水道管の劣化を放置する危険性についてご紹介いたします。

サビの発生

水道管
現在の水道管はポリエチレン管と呼ばれる樹脂製のものが使用されています。
しかし、一昔前の水道管は金属製が主流であるため、現在の水道管とは仕様が異なっていました。
金属製の水道管は経年劣化によってサビが生じます。
そのままの状態で放置しているとサビが管内に蓄積されて水が出にくくなるかもしれません。
また、水がサビによって赤くなるため、水道が使えなくなるといったことにもなるでしょう。
サビが発生してから水道管工事を行うと、長期間水道が使えなくなります。
トラブルが起こる前に早急に施工の検討をおすすめします。

水漏れ

老朽化が進んだ水道管は、耐久性が著しく低下しているためひび割れや破損による水漏れが起こるリスクが高まっています。
水漏れが発生すると建物や道路を水浸しにしてしまうため、大きな被害が生じるでしょう。
また、水漏れが発生した水道管と、水漏れが発生する前の水道管の施工費用を比較すると、前者のほうが高額になるケースが多々あります。
そのため、施工にかかる費用が余計にかかるといったことにもなりかねません。
老朽化が進み水漏れなどのトラブルが起こる前に専門業者に相談しておきましょう。

塚田埋設工事へご相談ください!

メールマーク
塚田埋設工事は水に関わる専門業者として、高い技術力と培ってきたノウハウにより、高品質な施工を提供してまいりました。
弊社には施工に必要な専門資格を保有する熟練のスタッフが多数在籍しております。
施工の際にはお客様だけではなく近隣住民の方々への配慮を欠かさないため、トラブルなく施工を進められます。
水道管工事をご検討の際には、まずは塚田埋設工事へご相談ください。

【求人】塚田埋設工事では新規スタッフを募集中

塚田埋設工事では一緒に働いていただける新規スタッフを募集しています。
募集にあたり経験者・未経験者は一切問いません。
弊社は資格取得支援制度を設けているため、働きながらワンランク上の土木作業員を目指すことが可能です。
また、福利厚生などの諸手当が充実しているため、安心して長く働ける環境です。
土木工事業界で活躍できる人材に成長したいという方からのご応募をお待ちしております。
最後までご覧いただき誠にありがとうございました。

有限会社塚田埋設工事
〒315-0156 茨城県石岡市吉生1448
電話:0299-44-0140 FAX:0299-44-1219